« 細かな視点で宅配DVDレンタルサービスを考える | メイン | 宅配DVDレンタルに向いている人、向いていない人 »

宅配DVDレンタルの発送方式の違い

宅配DVDレンタルのサービスには、借りたDVDの発送の仕方によって使い勝手が変わってきます。
ここで言う発送方式というのは、業者側がどのようなやり方で予約の入ったDVDを貸し出すかという意味で、宅配の仕方ではありません。

簡単に紹介すると、2種類のやり方があります。
まず1つは自動発送方式です。
この方法は、多くの業者で採用されている方式で、予約リストの中の上位のものから自動的に届けてくれます。
利用者はあらかじめ見たいタイトルの予約リストを登録しておき、その中で優先順位の高い順にランク付けをしておくのです。
その予約リストの中で優先順位が高く、なおかつレンタル可能な空きの状態であるものから順に借りることができるというわけです。
1回借りるごとに注文しなくてもいいというメリットがある反面、優先順位が高くても自分が見たいと思っている特定のタイトルがレンタルできるとは限らないこともあるのです。

その不満を解消できるのが、手動発送方式です。
このやり方を採用している業者は少ないのですが、レンタル可能な空きのタイトルのなかから、自分で借りたいものを選んで発送してもらうことができます。
あらかじめ予約リストを作っておくのは一緒ですが、その中でレンタル可能なものから指定して借りることができるのです。
その都度、発送の手続きをしなければいけない手間はかかりますが、借りたいものを指定できるという利点があります。
この方式の場合は、リストにたくさん登録しておくのがコツなのです。

About

2010年12月14日 17:29に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「細かな視点で宅配DVDレンタルサービスを考える」です。

次の投稿は「宅配DVDレンタルに向いている人、向いていない人」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35